〒500-8833
岐阜県岐阜市神田町9-4 KJビル4F
岐阜駅北口徒歩3分 名鉄岐阜駅徒歩2分
運営:弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

受付時間
平日 :9~22時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝対応可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業日もございます。

●取り扱い業務:債務整理
        (任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

0120-621-017

メールは24時間対応

ギャンブルが原因の借金は自己破産はできる?

弁護士とパラリーガル

「パチンコで作った借金を自己破産できる?」
「ギャンブルが原因の借金は自己破産できないの?」

自己破産は,借金をゼロにすることができます。

そのため,多額の借金があり返済に苦しんでいても自己破産をすることで,経済的に立て直すきっかけになります。

しかし,借金がゼロになる代わりに,自宅や車などの財産を処分しなければならないことや,一部の職業や資格に一定期間制限がかかることがあります。

また,ギャンブルなどの浪費が原因で,借金を作った場合には,自己破産が認められないこともあります。

ギャンブルで作った借金は,本当に自己破産ができないのでしょうか?詳しくみていきましょう。

自己破産とは?

自己破産とは,借金の返済ができない場合に借金を全額免除する制度です。

自己破産によって借金をゼロにする代わりに,あなたの持っている20万円以上の財産は,原則として処分しなければなりません。

そして,あなたの財産は,現金に換えられ(換価),借金を作っているカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)へ平等に分配されます。

自己破産で手放さなければならない財産は?

自己破産をする際に,没収されてしまう財産は20万円以上の価値があるものです。

以下に例を挙げます。「20万円以上の預貯金」「20万円以上の保険解約払戻金」「住宅」「車」「退職金」などです。

一方で,自己破産をしても「99万円までの現金」や,「生活に必要な最低限の家具や家電」,「衣類」また,「年金や生活保護費」などは没収されません。

このように,自己破産をしても,手元に残しておける財産を自由財産といいます。

自己破産をしても,あなたの生活は続きます。最低限の現金や,生活に必要な物資を奪ってしまっては生活をしていくことはできません。

自由財産は,自己破産後のあなたの生活を成り立たせるために,手元に残すことを認められた財産です。

自己破産の手続きの流れについて

自己破産の手続きは,破産手続きと免責許可の2つの申立てによって成り立っています。

そして,自己破産には,管財事件と同時廃止事件があります。

借金を作った理由がギャンブルなどで,免責不許可事由があった場合には,管財事件として手続きが進められます。

免責不許可事由とは?

自己破産の申立をすると,裁判所は借金の返済をゼロにすべき事情があるかどうかの調査を行います。

そして,借金を作った理由が相当であると認めると免責を許可します。しかし,

借金を作った理由について,パチンコや賭博などのギャンブルや,浪費,株やFX,債権者や保有財産の隠匿行為などといった免責不許可事由であった場合には,原則として免責は許可されません。

つまり,ギャンブルで作った借金は,原則として自己破産できなくなるということです。

しかし,ギャンブルで作った借金であっても,ほとんどの場合,裁量免責によって自己破産を認められていることが現状です。以下で詳しく説明していきます。

裁量免責について

裁量免責とは,自己破産手続きにおいて免責不許可事由に該当する行為があった場合にも,様々な事情を考慮し,裁判所の裁量によって免責を認めてもらえることができる制度です。

ギャンブルなどで作った借金は,原則として免責不許可事由に該当するため,自己破産をすることができませんよね。

ですが,自己破産手続きの目的は,借金の返済を免除して,人生を再スタートさせることです。

そのため,ギャンブルが原因で借金を作った場合でも,自己破産の目的にかなう場合には,借金が免除され自己破産をすることができるのです。

裁判所が裁量免責を認めるためには?

あなたが,借金を作った理由について深く反省し,裁判所の面談にも誠実に対応することが大切です。

つまり,破産管財人や裁判官に対してしっかりと反省して,経済的に再建したいという意欲的な態度を見せることができれば,裁量免責を受けられる可能性が高いです。

管財事件について

免責不許可事由に該当すると,自己破産の手続きは管財事件として取り扱われます。

管財事件では,裁判所が「管財人」として,弁護士を選任します。

管財人は,あなたがギャンブルをやっていないかどうかや,借金を作ってまでギャンブルしたことを反省しているのかなどを調査します。

また,調査をするにあたって,「家計全体の状況」と「反省文」の提出を求めてくる場合が多いです。

家計全体の状況とは,あなたの家計の収支について示したものです。

ギャンブルなどで,新たな借金をすることがなく,あなたの収入の範囲内でどのような生活ができているか見られます。

収支についてきちんと明記することで,自己破産をしなければ生活が成り立たないことを理解してもらうための大切な書類であり,裁量免責を認めてもらうためのひとつの判断材料になります。

反省文は,ギャンブルで借金を作ってしまったことを反省し,カード会社への謝罪の気持ちや,今後は借金を作らずに経済的な立て直しをはかるという姿勢を示すことが大切です。

これらの書類によって,ギャンブルによって借金を作ったことを反省していると認められれば,管財人は自己破産の手続きを進められるよう裁判所に報告します。

借金の理由を隠したり嘘をつくとどうなる?

ギャンブルなどが原因で借金を作ってしまい免責不許可事由に該当する場合,借金を作った理由を隠そうとする方もいます。

しかし,自己破産の手続きでは,嘘は必ずバレてしまいます。

そして,手続きを進めることができなくなってしまいます。その理由について,詳しくみていきましょう。

嘘をついてもバレてしまう

自己破産の手続きでは,免責審尋といって裁判官との面接が行われます。

そこでは,借金を作った理由について問われます。ここで嘘をついてしまうと,あなたの代理人である弁護士が提出する借金の理由に関する報告書と照らし合わせて,嘘がばれてしまう可能性が高いです。

借金の理由に関する報告書とは?

あなたが自己破産をするために弁護士へ依頼すると,自己破産の依頼を受けた弁護士は、あなたが借金をしているカード会社へ受任通知を送付します。

そして,これまでの借り入れや,返済の履歴を開示してもらうよう請求します。

弁護士は,カード会社からの借金についての履歴と,あなたの経済状況などから借金の理由に関する報告書を作成し,裁判所へ提出します。

管財人や裁判官は,免責審尋であなたが嘘をついたとしても,この報告書からどのような理由で借金を作ったのかわかります。

たとえば,FXのために借金をしていたのに,生活費のためだったと嘘をついてしまった場合には,給与があるにも関わらず,毎日のようにキャッシングをしていた履歴が残っているので,おかしいのでは?と疑われてしまいます。

このようなプロセスで,借金の理由に関する嘘は必ずバレてしまいます。

嘘をついて隠した場合どうなるのか? 

では,嘘をついて借金を作った本当の理由を隠していた場合どうなるのでしょうか?

あなたの代理人である弁護士に嘘をついた場合には,弁護士が辞任してしまう可能性もあります。

そうすると,自己破産の手続きをすることができず,新しく代理人を探さなければなりません。

また,裁判所や管財人へ嘘をついてしまうと,重大な免責不許可事由に該当し,自己破産が認められなくなります。

いずれにしても,嘘をついてしまうと自己破産の手続きができなくなるので,嘘をつかずに素直になることが大切です。

まとめ

本棚とペン
  • 自己破産とは,借金の返済ができない場合に借金を全額免除する制度である。自己破産によって借金をゼロにする代わりに,あなたの持っている20万円以上の財産は,処分しなければならない。
  • ギャンブルなどで借金を作り免責不許可事由に該当すると,原則として自己破産の手続きをすることができない。
  • 裁量免責とは,自己破産手続きにおいて免責不許可事由に該当する行為があった場合でも,裁判所の裁量によって免責を認めてもらえることができる制度である。
  • 借金を作った理由を隠したり,嘘をつくと自己破産ができなくなる。

【岐阜】債務整理相談室では無料相談実施中!!

お電話での受付はこちら

0120-621-017

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は上記よりお電話・メールにて承っております。
メールの場合は24時間受け付けておりますので、【岐阜】債務整理相談室をお気軽にご利用ください。

受付時間
平日 :9~22時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業日もございます。また,大型連休中の休業や臨時休業もございますので,詳細は
心グループニュースをご覧ください。

カードの返済に困ったら

お金に困る男性

お電話での無料相談はこちら

0120-621-017
  • 受付時間
    平日:9~22時
    土日祝:9~18時

メールで無料相談は24時間受付

Menu

運営運営事務所

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

連絡先
0120-621-017
住所

〒500-8833
岐阜県岐阜市神田町9-4 KJビル4F

岐阜駅北口徒歩3分 名鉄岐阜駅徒歩2分