〒500-8833
岐阜県岐阜市神田町9-4 KJビル4F
岐阜駅北口徒歩3分 名鉄岐阜駅徒歩2分
運営:弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

受付時間
平日 :9~22時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝対応可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業日もございます。

●取り扱い業務:債務整理
        (任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

0120-621-017

メールは24時間対応

家族に秘密で個人再生するには?

弁護士とパラリーガル

「個人再生をしたいけど、家族にバレないようにしたい」
「家族に内緒で個人再生ってできるの?」

個人再生をしようか検討している人の中には、家族に秘密で個人再生がしたい、と思っている人も多いのではないでしょうか。

できれば迷惑や心配をかけたくない、自分の借金は自分だけで解決したい、と思いますよね。

家族に秘密で個人再生をすることは可能なのでしょうか。

家族に秘密で個人再生するのは難しい?

個人再生は、自己破産と違って住宅ローン特例によってマイホームを手放すことなく債務整理することができます。

また、車などの資産も、資産価値と同じ金額を返済していくことで手元に残せるため、自己破産に比べて家族にバレる可能性は低く感じられます。

マイホームを手放したり車を手放すことになればさすがに秘密にしておくことはできませんが、手元に残しておけるのであればなんとかバレずに個人再生できるのでは、と思いますよね。

しかし実際には、同居している家族がいる場合は、簡単ではないと思っておいたほうがいいでしょう。

収入証明書を提出する必要がある

もし同居している家族がいるとして、相手にも収入がある場合、過去2ヶ月分の相手の収入証明書を提出する必要があります

収入証明書としては、給料明細が一般的ですが、源泉徴収票、確定申告書の控えなども該当します。

もし給料明細をどこに保管しているか分かる場合は内緒で借りることもできるかもしれませんが、分からない場合は給料明細を貸してほしいという事を伝えなければなりません。

そうなると、なぜ必要なのかというのを説明する際に、個人再生のことを話さないと不自然ですよね。

また、収入証明書と一緒に家計収支表というものを提出する必要があります。

家賃や光熱費、食費などのいわゆる家計簿を提出する必要があり、もし本人がつけている場合はいいですが、奥さんが管理している場合はそれも借りる必要があります。

個人再生をはじめる2カ月前から、家計簿をつけて生活を見直したいという提案をしていれば不自然ではないですが、すでに奥さんが管理してつけている場合などは借りる理由を考える必要がありそうですね。

ご両親と同居している場合も給料明細を借りたり、家計簿を共有してもらうのは少し難しいかもしれません。

事情を説明して、家計簿をつけてほしい旨を説明する必要がありそうですね。

逆を言えば、同居している家族がいない場合は、給料明細や家計簿は1人で管理しやすいです。

また、同居していても自分以外は収入がなく、奥さんが家計簿をつけている場合は、家計簿を借りるだけでいいので、あまり深く事情を説明せずに個人再生の手続きを進めることができそうですね。

借金の保証人が家族の場合は隠せない

借金と一言で言っても、カードローンや消費者金融、家や車のローン、奨学金など様々ですよね。

その中で家族を保証人にしている借金がある場合、個人再生をすると借金の請求が家族にいってしまいます。

個人再生では手続きを開始し、申立をした時点で連帯保証人の返済義務が生じてしまいます。

また、全額の請求が一括でいくのが一般的なので、家族を保証人にしている借金がある場合は、家族に秘密にするのは難しいでしょう。

実際には債権者に交渉して、分割での返済になることが多いですし、個人再生の手続き後、本人も返済をしていくので、合わせて全額返済していくようになります。

家のローンや奨学金など、大きな金額のローンは保証人が必要なことが多く、家族を保証人にするのが一般的なので、もし家族を保証人にしている借金があると、家族に秘密で個人再生するのは難しくなります。

裁判所からの郵便物に注意

個人再生をすると、裁判所から書類などが届いたりします。家族に内緒にしたい場合、書類などが自宅に届くのは避けたいですよね。

そんな時は、弁護士に相談すると、弁護士事務所宛に一度送ってもらうようにし、都合のいい時に受け取りに行くという方法もできます。

弁護士からの連絡も、家族に内緒にしたいということを相談していれば、いきなり自宅に電話がかかってくるようなことはありません。

メールベースにしてもらい、必要な時は携帯電話で電話するようにお願いしておけば家族にもバレにくいので、相談した時に家族に秘密にしたいということを伝えておきましょう。

会社にも秘密にすることはできる?

個人再生をするということは、会社にも秘密にできるのでしょうか。

もし会社に個人再生をすることがバレるとしたら、

  • 収入証明書をもらう時
  • 退職金見込額証明書をもらう時
  • 会社から借金をしている場合

になります。

収入証明書をもらうのは、家や車のローンの審査で必要、などと言えば特に不自然に思われないので、そこからバレる可能性はかなり低いです。

退職金見込額証明書に関してはめったに必要になることがなく、勘のいい人がちょっと調べたら債務整理で必要ということがバレてしまいます。

家のローンの審査で必要、と言えば疑われないかもしれませんが、あくまで嘘の理由なのでバレない可能性は0ではありません。

しかし退職金見込額証明書は、就業規則の退職金規定から自分で作成することも可能です。

会社に言いにくい場合は自分で作成したいという旨を弁護士に相談してみましょう。

会社から借金がある場合、例えば上司から個人的にお金を借りていたり、従業員貸付制度を利用して会社からお金を借りていたりすると、個人再生の対象になり、バレてしまいます。

個人再生では、特定の債権者を優先した返済することは禁止されているので、会社関係の借金だけ返済するというのも認められていません。

個人再生が理由で会社をクビになることはありませんが、会社から借入がある場合は例外となってしまうので、その点でも注意が必要です。

もしどうしても会社関係の借入だけは返済しておいてバレないようにしたい、という時は、しばらく今のまま返済を続けて、個人再生の手続きをする1カ月前くらいまでに会社の借金を返済し終わっておけば問題ありません。

任意整理なら家族にバレずに手続きできる

色々手を尽くしても、家族にバレてしまいそう、という時は任意整理で債務整理するのも1つの手です。

任意整理では整理したい借金を自分で選ぶことができるので、家族を保証人にしている借金だけ対象から外すことができます

ただ、個人再生と比べると、借金の元本は支払っていく必要があるため返済額は大きくなります。

もし過去に過払い金があれば、それを請求することで借金の返済が楽になることもあり得るので、個人再生だとどうしても家族にバレてしまいそうで任意整理でも返済できそうかどうか知りたい、という人は一度弁護士に相談してみましょう。

まとめ

本棚とペン
  • 同居している家族がいる場合、個人再生をすると収入証明書や家計簿が必要なため、家族の協力が必要で隠すのが難しい場合があります
  • 家族を保証人にしている借金がある場合は、個人再生をすると保証人に請求がいってしまうので隠が秘密にするのは難しいです
  • 同居している家族がいない、家族を保証人にしている借金がない場合は、家族に秘密で個人再生することも充分可能になります
  • どうしても家族に秘密にしたい場合は、任意整理であれば家族が保証人になっている借金を対象から外せば可能なので、一度弁護士に相談してみるのがおすすめです

【岐阜】債務整理相談室では無料相談実施中!!

お電話での受付はこちら

0120-621-017

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は上記よりお電話・メールにて承っております。
メールの場合は24時間受け付けておりますので、【岐阜】債務整理相談室をお気軽にご利用ください。

受付時間
平日 :9~22時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業日もございます。また,大型連休中の休業や臨時休業もございますので,詳細は
心グループニュースをご覧ください。

カードの返済に困ったら

お金に困る男性

お電話での無料相談はこちら

0120-621-017
  • 受付時間
    平日:9~22時
    土日祝:9~18時

メールで無料相談は24時間受付

Menu

運営運営事務所

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

連絡先
0120-621-017
住所

〒500-8833
岐阜県岐阜市神田町9-4 KJビル4F

岐阜駅北口徒歩3分 名鉄岐阜駅徒歩2分