〒500-8833
岐阜県岐阜市神田町9-4 KJビル4F
岐阜駅北口徒歩3分 名鉄岐阜駅徒歩2分
運営:弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

受付時間
平日 :9~22時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝対応可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業日もございます。

●取り扱い業務:債務整理
        (任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

0120-621-017

メールは24時間対応

任意整理に借金額の限度は無い

弁護士とパラリーガル

「借金が少ししかないけど任意整理できる?」
「高額なローンも任意整理できる?」

借金の返済にお困りで任意整理を検討している中で、任意整理における借金の限度額について気になっている方もいるでしょう。

借金の返済に関しては借金の額が少額であっても負担に感じる方もいれば多額の借金でも負担に感じず返済できる方もいます。

任意整理は借金額に関係なく手続きができるのでしょうか?限度額はあるのでしょうか?

任意整理とは?

任意整理とは,弁護士や司法書士といった代理人に依頼して,借金の返済額を減らしたり,返済計画を立て直すことのできる手続きのことです。

代理人は,カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)と,借金の利息や遅延損害金をカットできるよう交渉します。

また,返済期間についても任意整理後3〜5年間で分割払いで返済できるように交渉をします。

債務整理の手続きでも,自己破産や個人再生の場合には,裁判所を介する手続きであるため,時間や費用そして,手間がかかります。

他方で,任意整理は裁判所を介さない手続きのため比較的簡単に借金の返済を減らすことができます。

任意整理をするための条件は?

任意整理によって,借金の元本そのものが減ることはありません。任意整理でカットできるのは,あくまでも,借金の利息と遅延損害金の部分です。

そのため,利息や遅延損害金をカットすることで,借金の総額を減らすことはできますが,減額された借金の元本については,任意整理後にきちんと返済していくための能力が必要です。

そのため,任意整理の手続きをするにあたって一定の収入があり,きちんと返済を続けていく見込みがあることが任意整理をするための条件になります。

借金の額が減ったからといって浪費してしまい,任意整理後に借金の返済を延滞してしまっては,せっかく任意整理をしても同じことの繰り返しです。

ですので,任意整理をするためには,借金の額だけでなく一定の収入があるか,仕事や生活状況,家族構成などを考慮し、任意整理後に無理なく返済を続けていけそうなのかという点を判断基準とします。

任意整理をしたいけど借金の額による制限はある?

任意整理をするためには,一定の収入があり返済能力があることが条件ですが,借金の額による制限はありません。

つまり,任意整理は借金額が,50万円だろうと1000万円だろうと,借金の金額の大きさにかかわらず,手続きをすることができます。

ただし,借金額がどれだけあろうと,あなたに返済能力がなければ任意整理をすることは出来ません。

たとえば,借金が500万円あり任意整理をして減らしたいけれど,月々に3万円ずつしか返済していけない場合には,3万円×60回払い=180万円となり,任意整理後に借金を完済することが出来ません。

任意整理ができるあなたの限度額は,180万円ということになります。月々8万円ずつ返済できるのであれば,8万円×60回払い=480万円となり,限度額は480万円になります。

ここで,任意整理によってどれくらい借金を減らすことができるのか具体例を出しながら見ていきましょう。

  • 借金が50万円の場合

 借り入れ金額が50万円の場合を考えてみましょう。

年利17%で,3年間で完済するとすると,月々17,826円ずつ返済していくことになります。

この時,利息を含めると17,826円×36回=641,736円が,借金の返済総額になります。

つまり,約14万円分の利息を支払っていかなければいけません。

任意整理をすると,この部分をカットすることができます。月々およそ14,000円の返済を3年間続けていくことになります。

借金が50万円の場合には,任意整理をしても月々の返済額は3,000円程度しか変わりません。

このように,借り入れ金が少ない場合には,利息がほとんどありません。

そのため,50万円くらいであれば任意整理をする意味があまりないでしょう。

月々返済額の3,000円程度の減額であれば、任意整理によって減額させるよりも、生活を見直して3,000円を節約するほうが建設的でしょう。

  • 借金が200万円の場合

次に,借金が200万円の場合を考えてみましょう。

年利17%で,5年間で完済するとすると,月々49,705円ずつ返済していくことになります。

この時,利息を含めると49,705円×60回=2,982,300円が,借金の返済総額になります。

つまり,約100万円分の利息を支払っていかなければいけません。

任意整理をすると,この部分をカットすることができます。

月々およそ33,000円の返済を5年間続けていくことになります。

 このように,借金の額が大きければ大きいほど,任意整理をすることで月々の返済額を減らすことができます。

また,返済する期間が長ければ長いほど,利息は大きくなります。

借金の返済期間が,長ければ,過払い金が発生している可能性も考えられます。

このような場合には,任意整理をすることによって,過払い金が返ってくる場合もあります。

戻ってきた過払い金と,任意整理後の借金を相殺して,返済がゼロになったというケースもあります。

任意整理ができない場合

任意整理をするための条件については,先ほど説明した通りで一定の収入があり,返済できる見込みがあることが必要です。

では,任意整理ができない場合とはどのような場合でしょうか?

あなた側の事情

任意整理ができないのは,任意整理後の3〜5年で,借金が完済できない場合です。

例えば,借金が,800万円あったとします。毎月5万円ずつの返済しかしていくことができなければ,5年で完済することは出来ません。

このような状況では,任意整理をして,借金を減らしたとしても返済計画を立てることができないため,任意整理をすることができません。

また,無職や無収入で,毎月一定の収入が見込めない場合も,任意整理をすることができません。

なぜなら,任意整理でカットできるのは,借金の利息や遅延損害金の部分であり,借金の元本そのものについては,任意整理後にきちんと返済していかなければいけません。

月々の返済を行なっていくためには,何らかの形で収入がなければいけませんよね。

ですので,たとえば主婦や学生であっても,一定の収入がある場合には,任意整理をすることができます。

収入がない,返済能力に欠けているような場合には,債務整理の手続きのひとつである自己破産の手続きを検討してみることをおすすめします。

カード会社側の事情

任意整理の対象とした,カード会社側の事情によって,任意整理に応じてもらえず,手続きを進めることができない場合もあります。

カード会社によっては,ごく少数派ですが,任意整理に応じないというケースもあります。

これは,貸金業者に多くみられ,会社やグループ会社の経営方針として,任意整理に応じないと決めていることがあります。

任意整理自体が,裁判所を介さない手続きであり,カード会社と代理人の交渉で成り立っています。

そのため,強制力はなく,いわば私的な手続きと言えます。

カード会社が,任意整理に応じてくれなければ,それ以上の手続きを進めることができないのです。

ただし,任意整理に絶対に応じないという会社は少ないです。

なぜなら,あなたが自己破産した場合には,借金はほとんど回収することができなくなります。

それに比べると,任意整理に応じて,少しでも借金を返済してもらう方が,カード会社にとっても良いからです。

任意整理に,一切応じてもらえない場合には,債務整理の手続きの中でも,個人再生や自己破産を検討することになります。

借金は,返済までの期間が遅れれば遅れるほど利息が膨らんで大きくなっていきます。

返済できないからといって,そのままにしておくと,借金は大きくなるばかりです。

早めに,弁護士などの専門家に相談して,任意整理などの対処をすることをお勧めします。

まとめ

本棚とペン
  • 任意整理とは,弁護士や,司法書士といった代理人に依頼して,借金の返済額を減らしたり,返済計画を立て直すことのできる手続きのこと。
  • 任意整理をするためには,一定の収入があることと,返済を続けていく見込みがあることが必要。
  • 任意整理をするにあたって,借金の額は関係ない。
  • 任意整理は,裁判所を介さない手続きであるため,強制力はなく,交渉で手続きを進めていくため私的な手続きと言える。カード会社が,任意整理に応じてくれなければ,それ以上の手続きを進めることができない。ただし,任意整理に絶対に応じないという会社は少ない。

【岐阜】債務整理相談室では無料相談実施中!!

お電話での受付はこちら

0120-621-017

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は上記よりお電話・メールにて承っております。
メールの場合は24時間受け付けておりますので、【岐阜】債務整理相談室をお気軽にご利用ください。

受付時間
平日 :9~22時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業日もございます。また,大型連休中の休業や臨時休業もございますので,詳細は
心グループニュースをご覧ください。

カードの返済に困ったら

お金に困る男性

お電話での無料相談はこちら

0120-621-017
  • 受付時間
    平日:9~22時
    土日祝:9~18時

メールで無料相談は24時間受付

Menu

運営運営事務所

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

連絡先
0120-621-017
住所

〒500-8833
岐阜県岐阜市神田町9-4 KJビル4F

岐阜駅北口徒歩3分 名鉄岐阜駅徒歩2分