〒500-8833
岐阜県岐阜市神田町9-4 KJビル4F
岐阜駅北口徒歩3分 名鉄岐阜駅徒歩2分
運営:弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

受付時間
平日 :9~22時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝対応可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業日もございます。

●取り扱い業務:債務整理
        (任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

0120-621-017

メールは24時間対応

携帯電話の料金を滞納していても任意整理できる?

弁護士とパラリーガル

「携帯電話の滞納料金が高額になってしまったけど、任意整理することはできる?」
「携帯電話料金を任意整理するメリットってある?」

任意整理というと、クレジットカードやローンのイメージがあり、携帯電話の滞納料金を任意整理するというとあまりピンとこない人もいるかもしれません。

しかし携帯電話料金は、ゲームの課金やショッピングなどを利用すると意外と高額になりやすく、最近のスマホは端末代も高額なので、月々の支払いが厳しくなり滞納してしまうのは珍しいことではありません。

そんな携帯電話料金を任意整理することは可能なのでしょうか。

任意整理するメリットには何があるのでしょうか。

携帯電話料金を滞納し続けるとどうなる?

携帯電話料金の支払いが厳しく、滞納を続けた場合はどうなるのでしょうか。

料金を滞納すると、まずは回線を停止させられます。

回線が停止すると電話やメールの機能は使えなくなります。

回線が停止しても支払いができないでいると、携帯電話を強制解約させられます。

強制解約になると、帯電話の使用料金や端末代など滞納していた金額を一括で請求されることになります。解約金が約1万円ほどかかることもあります。

それでも支払わないと、携帯電話会社から債権回収会社や法律事務所に債権回収の依頼が行き、債権回収会社や法律事務所から「今すぐ一括で払ってください」「支払えない場合は法的処置をとります」という旨の電話やハガキが届きます。

突然法律事務所から連絡が来てびっくりする人も多いですが、それも無視していると簡易裁判所から支払督促が届いたり、訴訟の訴状が届くことがあります。

携帯電話料金の滞納で裁判まで起きるなんて、と驚く人も多いですが、実はそんなに珍しいことではありません。

裁判にも出席しないとどうなる?

では訴状が届いても裁判に出席しないとどうなるのでしょうか。

裁判に欠席してそのまま判決が出てしまうと、携帯電話会社はその判決をもとに「差し押さえ」をすることができます。

もし勤め先がバレている場合は、給料を差し押さえられてしまうということです。

このようなことになる前に、任意整理などの処置をとることで、裁判を回避することにもつながります。

携帯電話料金を任意整理することはできる?

任意整理というと、クレジットカードやローンのイメージがありますが、携帯電話料金も任意整理することができます。

携帯電話料金を滞納していると、一括で請求がきてしまいますが、滞納をしている時点で一括で支払うのは無理であることは容易に想像がつきます。

支払えないものは支払えない、と開き直って少しずつ支払っていく人もいますが、滞納すると遅延損害金もかかりますし、延滞利息もかかってきます。

だいたい未払いの端末代にかかる遅延損害金は年利6%、未払い使用料金にかかる延滞利息は年利14.5%になっています。

任意整理をすることで、この遅延損害金や延滞利息を免除してもらえるうえ、分割払いにしてもらうことができます。

(ただし、任意整理では携帯会社は必ず応じなければならないという義務があるわけではないので、絶対免除してもらえるというわけではなく、あくまで目安になります)

任意整理では35年かけて分割払いするのが一般的ですが、携帯料金に関しては1年くらいで分割払いしないと、認めてもらえないことがあります。

ただ携帯料金の滞納はそんなに高額になることはないですよね。もし20万円を滞納していれば、12カ月かけて毎月約17,000円を返済していくイメージになります。

また、弁護士に依頼して任意整理することで、裁判を回避することができます。

弁護士が間に入って和解交渉をしているのに、強行突破で裁判を起こすようなことは稀です。

裁判を起こしたとしても、裁判官から和解を勧められることが多いので、裁判を起こすメリットがほとんどないためです。

これらの理由から、一括での支払いが難しい場合は任意整理を選ぶ人も多いです。

金額によっては自分で交渉もアリ?

では携帯電話料金を滞納している場合、任意整理するしか手がないのでしょうか。実は携帯会社に自分で交渉する、という方法もあります。

ただ弁護士に頼んで任意整理するのと違う点は、

  • 分割回数は3回までとされることが一般的
  • そもそも応じてくれないこともある
  • 遅延損害金や延滞利息は免除されない

といったことが挙げられます。

弁護士を通さず直接交渉する場合、交渉には応じてくれないこともあります。

また、応じてくれたとしても、分割回数は3回までとされることが多いです

遅延損害金や延滞利息も免除されません。

ただ、滞納している金額がそこまで多くなく、3回に分ければ支払えそうな場合は、自分で交渉するのもアリです。

弁護士に依頼して任意整理すれば、自分で交渉するよりは応じてもらえやすいというメリットがありますが、その分弁護士費用もかかります。

任意整理の弁護士費用は、だいたい1社あたり35万円程度になります。

任意整理したい借金が多い場合は、遅延損害金などの免除を考えると弁護士費用を支払っても依頼した方がかなりメリットが多くなりますが、例えば携帯料金の滞納が5万円で、23回に分割すれば支払えそうな場合は、弁護士費用を上乗せしてまで任意整理するというメリットは減ってしまいます。

携帯料金以外にも借金がある場合は、その借金と一緒に依頼してしまうのはアリですが、携帯料金だけどうにかしたい、という場合は金額によっては任意整理がベストというわけではないんですね。

応じてもらえないかもしれない、というデメリットはありますが、金額が少ない場合はまずは一度、自分で交渉してみるのがおすすめです。

まとめ

本棚とペン
  • 携帯電話料金を滞納していると、回線を止められた後、強制解約となり、それでも支払えない場合は最終的に裁判になることもあります
  • 携帯電話料金を任意整理することで、一括で支払う必要がなくなるうえ、遅延損害金や延滞利息を免除してもらうことができます
  • 滞納している携帯料金が少ない場合は、弁護士費用が高くついてしまうので、自分で交渉するのもアリです

【岐阜】債務整理相談室では無料相談実施中!!

お電話での受付はこちら

0120-621-017

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は上記よりお電話・メールにて承っております。
メールの場合は24時間受け付けておりますので、【岐阜】債務整理相談室をお気軽にご利用ください。

受付時間
平日 :9~22時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業日もございます。また,大型連休中の休業や臨時休業もございますので,詳細は
心グループニュースをご覧ください。

カードの返済に困ったら

お金に困る男性

お電話での無料相談はこちら

0120-621-017
  • 受付時間
    平日:9~22時
    土日祝:9~18時

メールで無料相談は24時間受付

Menu

運営運営事務所

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

連絡先
0120-621-017
住所

〒500-8833
岐阜県岐阜市神田町9-4 KJビル4F

岐阜駅北口徒歩3分 名鉄岐阜駅徒歩2分