〒500-8833
岐阜県岐阜市神田町9-4 KJビル4F
岐阜駅北口徒歩3分 名鉄岐阜駅徒歩2分
運営:弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

受付時間
平日 :9~22時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝対応可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業日もございます。

●取り扱い業務:債務整理
        (任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

0120-621-017

メールは24時間対応

任意整理の利用者数

弁護士とパラリーガル

「任意整理って1年間にどれ位の人がするの?」
「任意整理する人って多いの?」

いつの間にか膨らんでしまった借金。毎月の返済地獄から解放される手段として、債務整理の手続きを検討される人も多いと思います。

中でも、裁判所を介す必要のない「任意整理」は、借金を整理する対象を選べるため銀行口座の凍結を回避できるなどのメリットもあり非常に人気があります。

ところで、任意整理を利用する人が、年間どの位いるのか気になりませんか?

実は、毎年非常に多くの人が利用しているのです。

そこで今回は、人制整理の利用者数を、個人再生、自己破産とも比較して見てみることにしましょう。

任意整理の年間利用者数

任意整理は、専門家(弁護士や司法書士)を通してカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)と任意の交渉をすることで、借金の整理をする手続きのことです。

自己破産や個人再生とは異なり、裁判所判を一切介さない点が特徴です。

そのため、1年間でどれ位の人が任意整理をしているのか、はっきりわからないというのが現状です。

任意整理は、あなたが直接カード会社と交渉を行い利息のカットや支払い回数について話し合うことも可能ですが、一般的には専門家に依頼して交渉を行ってもらうことがほとんどです。

ただし、法的な効力は一切ありません。

つまり、任意整理は、あなたとカード会社の間で行われる私的な交渉といえるのです。

したがって、任意整理は私的な手続きであるため、公的な統計なども存在しません。

よって、正確な数を把握することは不可能なのです。

とはいえ、個人再生や自己破産よりも、多くの人が利用しているのは間違いないないようで、一説によると、自己破産した人が10万人程度に対し、任意整理をした人は300500万人程度ではないかといわれています。

このように、実際に借金問題を解決するために任意整理を利用する人は非常に多いため、1人で悩まず、すぐに専門家に相談するのがよいでしょう。

個人再生の年間利用者数

個人再生とは、裁判所を介する債務整理の手続きで、5,000万円以下借金であれば原則5分の1にまで減額できる効果があります。

任意整理と比べ借金の減額率が大きいことと、自己破産とは違い自宅を手放さなくてよい(一定の条件を満たす必要がある)というメリットもあります。

裁判所の司法統計によると、2002年から2008年の間に個人再生をした人の数は、累計約17万人だということです。したがって、毎年約25,000人が個人再生をしている計算となります。

また、個人再生には「給与所得者等再生」と「小規模個人再生」があるのですが、前者の利用者数が数千件なのに対し、後者は20,000件超えとなっています。

ちなみに、2012年の統計によると、個人再生の利用者数は9,096件ということで、近年は1万件程度で落ち着ついてきています。

また、日本弁護士連合会消費者問題対策委員会が実施した「2008年破産事件及び個人再生記録調査」によると、個人再生の理由で番多かったものが「生活苦、低所得」の33.24%でした。次に多かったのが「住宅購入」の17.24%で、その後「浪費」、「負債の返済」、「保証債務」と続いています。

自己破産の年間利用者数

自己破産とは、裁判所を通じて財産を処分(現金化)し、カード会社に配当する手続きの「破産」と、残った借金を「免責(免除)」してもらうという手続きです。

つまり、自力で借金返済が不可能で、かつ財産を処分しても払い切れない借金が残った場合に、借金をチャラにしてもらえるという手続きです。

ただし、自己破産をすることで借金はなくなりますが、同時に資産も失い、一定期間資格の制限を受けるといったデメリットもあります。

また、自己破産における免責の認可には、借金の理由が大きく影響してきます。

そのため、ギャンブルや浪費が原因で膨らんだ借金は、「免責不許可事由」に該当するため免責にはならない可能性があります。また、他の債務整理のように自宅を手元に残すこともできません。

2012年の裁判所の司法統計によると、自己破産件数は92,252件でした。1991年にバブルがはじける前まで、自己破産の件数は年間で約11,000件程度でした。

その後、1991年から2003年までは件数の増加が続き、2003年には年間252,000件とピークに達しました。

しかし、その後2015年までは減少傾向にあり、2016年には前年比0.32%と久しぶりに増加しました

このように、自己破産の年間利用者数は、以前は20万件を超えることも珍しくありませんでしたが、最近は減少傾向にあります。

まとめ

本棚とペン
  • 任意整理は、裁判所判を介さないため、1年間でどれ位の人が任意整理をしているのか、はっきりわからない。
  • 自己破産した人が10万人程度に対し、任意整理をした人は300500万人程度ではないかといわれている。
  • 任意整理する人は非常に多いため、安心して専門家に相談するのがよい。
  • 個人再生の利用者数は、2002年から2008年の累計で約17万人。毎年約25,000人が利用している計算。2012年の統計によると、個人再生の利用者数は9,096件で、近年は1万件程度で落ち着ついている。
  • 2012年の自己破産件数はで92,252件。バブルがはじける1991年前までは、年間約11,000件程度だったが、1991年~2003年まで件数の増加が続き、2003年には年間252,000件とピークに達した。その後2015年までは減少傾向にある。

【岐阜】債務整理相談室では無料相談実施中!!

お電話での受付はこちら

0120-621-017

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は上記よりお電話・メールにて承っております。
メールの場合は24時間受け付けておりますので、【岐阜】債務整理相談室をお気軽にご利用ください。

受付時間
平日 :9~22時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業日もございます。また,大型連休中の休業や臨時休業もございますので,詳細は
心グループニュースをご覧ください。

カードの返済に困ったら

お金に困る男性

お電話での無料相談はこちら

0120-621-017
  • 受付時間
    平日:9~22時
    土日祝:9~18時

メールで無料相談は24時間受付

Menu

運営運営事務所

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

連絡先
0120-621-017
住所

〒500-8833
岐阜県岐阜市神田町9-4 KJビル4F

岐阜駅北口徒歩3分 名鉄岐阜駅徒歩2分