〒500-8833
岐阜県岐阜市神田町9-4 KJビル4F
岐阜駅北口徒歩3分 名鉄岐阜駅徒歩2分
運営:弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

受付時間
平日 :9~22時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝対応可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業日もございます。

●取り扱い業務:債務整理
        (任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

0120-621-017

メールは24時間対応

任意整理が認められている理由

弁護士とパラリーガル

「任意整理をするとなぜ借金が減るの?」
「任意整理が認められないことはある?」

任意整理は、債務整理の手続きのひとつですが、自己破産や個人再生と違い裁判所を介しません。

それなのに、どうして借金を減らすことができるのか?

と、疑問に思う方も多くいます。

そこで、任意整理が認められている理由や根拠について見ていきたいと思います。

任意整理によって、借金が減る仕組みを正しく理解することで、手続きに対するハードルを下げるきっかけになれば良いです。

任意整理の仕組み

そもそも任意整理とは、どのような手続きで借金を減らすことができるのでしょうか。

任意整理そのものについて、また、任意整理が認められている理由についてみていきましょう。

任意整理とは?

任意整理とは、あなたが借金の返済ができない場合に、弁護士や司法書士といった代理人に依頼し、カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)と交渉をして、借金を減額してもらう手続きです。

任意整理をすることによって、借金の元本そのものが減ることはありませんが、将来利息や、遅延損害金をカットすることができるので、借金の総額を減らすことができます。

任意整理後は借金を3〜5年で分割払いしていくことになります。

これによって、月々の借金の返済に充てる額を少なくできるので、支払いの負担を軽くすることができます。

任意整理が認められている理由

では、なぜ任意整理が認められるのかみていきましょう。

任意整理が成り立つためには、2つのステップを踏む必要があります。

1つ目は、借金のあるカード会社と契約を解除することです。

契約の解除について

あなたがクレジットカードを使用して買い物をしたり、ローンを組むことは、カード会社とあなたの間の「契約」で成り立っています。

カードを使用するたびに、契約書を交わしたり、印鑑を押しているわけではありませんので、契約と言われてもピンとこない方が多いと思います。

しかし、クレジットカードを使用して借り入れをしたり、買い物をすること、また、毎月の利用料金の支払いをすることは、すべて契約をもとに成り立っています。

民法上の契約は、「解除権」と「契約自由の原則」というものが認められています。

このうち、解除権とは、契約の解除はいつでも、その当事者のどちらからでも行うことができるという権利です。

つまり、あなたとカード会社のどちらからでも、いつでも契約を解除できます。

ただし、契約を解除することで損害が発生すると、その損害については賠償しなければなりません。

また、損害については、契約前と同じくらいの状態まで戻す必要があります。

これを、原状回復義務と言います。

任意整理では、契約には解除権があることを根拠にして、借金のあるカード会社との契約を解除してしまうのです。

契約自由の原則について

任意整理が成り立っている2つ目の理由は、契約自由の原則によるものです。

契約には、そもそも契約自体をするかどうかや、契約の内容について、あなたとカード会社の間で自由に決めて良いとされています。

これを、「契約自由の原則」といいます。

一度、カード会社との契約を解除した後で、契約自由の原則に従って、カード会社との間に、新たな支払い方法の契約を結んでいくことができるのはこのためです。

このように、任意整理では、借金のあるカード会社との契約を一度解除し、支払い方法の見直しや分割回数の変更など契約内容を交渉した上で、新しく任意整理の契約を行います。

カード会社はなぜ任意整理に応じるのか?

任意整理が認められる根拠として、契約の「解除権」をもとに借金のあるカード会社と契約を解除することができること。

また、契約自由の原則によって支払い方法を変更したりすることができるということがわかりました。

しかし、カード会社は、どうして任意整理に応じるのでしょうか?

裁判所を介さない手続きである任意整理には、個人再生や自己破産のような強制力もないはずです。

それなのに、借金の返済額を減らすことに応じてくれるのは不思議ですよね。

ほとんどのカード会社は、あなたが自己破産や個人再生をして、借金の返済を全くしてもらえなくなったり、借金の返済額を大幅に減額されてしまって損をするよりも、任意整理に応じた方が少しでも借金の返済をしてもらえるので良しと捉えます。

つまり、任意整理は、カード会社にとっても一番不利益の少ない方法ですので、渋々任意整理に応じる場合が多いです。

そのため、任意整理に全く応じないというカード会社は、ほとんどありません。

任意整理のデメリット

では、任意整理を進める上で、注意すべき点やデメリットはどのようなものが挙げられるでしょうか。

以下で紹介していきます。

カード会社が応じないこともある

任意整理は、裁判所を介さない手続きであり、いわば私的な手続きであるといえます。

そのため、カード会社が任意整理に応じなければ、それ以上手続きを進めることができません。

しかし、先ほども説明したように任意整理は、カード会社にとっても一番損がなく、不利益の少ない方法ですので、任意整理に全く応じないというカード会社はほとんどありません。

ブラックリストに載る

任意整理をすると、信用情報機関にあなたが任意整理をしたという事故情報が登録されます。

これを、ブラックリストに載るといいます。

ブラックリストに載ると、クレジットカードの使用や、新たな借り入れ、ローンを組むこと、保証人になることができなくなります。

そのため、生活に支障が出る可能性があります。

ただし、ブラックリストへの登録は一生続くものではありません。

任意整理後3〜5年すると、登録が削除されます。ブラックリストから削除されれば、これまで通りに、クレジットカードを使用したり、ローンを組むことができるので安心してください。

借金の元本そのものは減らない

任意整理は、借金の将来利息や遅延損害金をカットすることができますが、借金の元本そのものを減らすことはできません。

また、減額された借金については、きちんと返済していかなければならないので、一定の収入がなければ任意整理をすることができません。

そのため、借金の利息をカットしたところで返済していく見込みがない場合には、個人再生や自己破産の手続きの方が適しています。

まとめ

本棚とペン
  • 任意整理とは、弁護士や司法書士といった代理人に依頼し、カード会社と交渉をして、借金を減額してもらう手続きである。
  • クレジットカードを使用して買い物をすることや毎月の利用料金の支払いをすることは、すべて契約をもとに成り立っている。任意整理では、契約には解除権があることを根拠にして、借金のあるカード会社との契約を解除する。
  • 契約には、契約自由の原則が成り立つためカード会社との間に新たな支払い方法の契約を結んでいくことができる。
  • 任意整理は、カード会社にとっても一番不利益の少ない方法のため、任意整理に全く応じないというカード会社はほとんどない。

【岐阜】債務整理相談室では無料相談実施中!!

お電話での受付はこちら

0120-621-017

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は上記よりお電話・メールにて承っております。
メールの場合は24時間受け付けておりますので、【岐阜】債務整理相談室をお気軽にご利用ください。

受付時間
平日 :9~22時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業日もございます。また,大型連休中の休業や臨時休業もございますので,詳細は
心グループニュースをご覧ください。

カードの返済に困ったら

お金に困る男性

お電話での無料相談はこちら

0120-621-017
  • 受付時間
    平日:9~22時
    土日祝:9~18時

メールで無料相談は24時間受付

Menu

運営運営事務所

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

連絡先
0120-621-017
住所

〒500-8833
岐阜県岐阜市神田町9-4 KJビル4F

岐阜駅北口徒歩3分 名鉄岐阜駅徒歩2分