〒500-8833
岐阜県岐阜市神田町9-4 KJビル4F
岐阜駅北口徒歩3分 名鉄岐阜駅徒歩2分
運営:弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

受付時間
平日 :9~22時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝対応可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業日もございます。

●取り扱い業務:債務整理
        (任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

0120-621-017

メールは24時間対応

クレジットカードでできた借金を債務整理で解決!カードは使えなくなる?

弁護士とパラリーガル

「クレジットカードでした買い物の代金が払えなくなったが、債務整理はできるだろうか」
「クレジットカードのキャッシングの借金を債務整理したらカードは使えなくなるの?」

クレジットカードは、店舗での支払いやインターネット上での決済、公共料金の支払いなどに使えるうえ、キャッシング枠を使えばお金を借りることもできます。

便利である反面、知らず知らずのうちに使いすぎたり、家計が苦しいところの補助として使ったら支払いきれなくなったりということも起こりやすいクレジットカード。

もし、クレジットカードの支払いが苦しくなってしまったら、任意整理・個人再生・自己破産などの債務整理をすることで、問題を解決することができます。

ただし、債務整理をするとブラックリストに載り、クレジットカードが使えなくなります。

この記事ではブラックリストによるクレジットカードの制限やその対策についても説明していきますので、最後まで目を通してみてください。

クレジットカードの債務整理はショッピング枠・キャッシング枠ともに可能

ショッピング枠とキャッシング枠

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠という2種類の枠があります。

ショッピング枠とは、お店での支払いやインターネットで買い物やサービスを利用したときの支払い、電気代や携帯代といった毎月の支払いに使うことができる枠のことです。

一回払い・分割払い・リボ払いといった支払いの形式を問わず、上のような用途はショッピング枠に分類されます。

一方、キャッシング枠というのはお金を借りることができる枠のことです。はじめは付いてないカードも多いですが、設定することで一定額までのお金を借りることができます。

債務整理ではキャッシング枠もショッピング枠も対象にできる

クレジットカードの債務整理では、ショッピング枠とキャッシング枠の両方とも対象にすることができます。

債務整理は借金を整理する手続きだというのが一般的に知られていることですので、文字通りお金を借りているキャッシング枠はともかく、ショッピング枠を整理できるということにはピンとこない人もいるかもしれません。

実は、一般的に借金だと思われていないクレジットカードの未払い分や携帯代の滞納なども、支払い義務(負債)という意味では借金と同じものに分類されているのです。

ですので、ショッピング枠も問題なく債務整理することができます。

債務整理の種類

債務整理には主に、任意整理・個人再生・自己破産の3種類があります。

任意整理は最も利用者が多い、デメリットの少ない債務整理です。弁護士に依頼してカード会社と交渉してもらい、これから払う利息を0円にカットしてもらったり、支払い期間を60回払いなど無理のないものに調整してもらったりすることで、毎月の支払いの負担を減らすことができます。

個人再生は裁判所を通して手続きすることで借金の返済額を5分の1程度に減らすことができる債務整理です。減額してもらった借金は、35年をかけて完済することになります。

自己破産は、任意整理でも個人再生でも整理できないほどの借金がある場合や、収入が全くない場合でも選べる債務整理で、財産を処分するかわりに借金の支払い義務をすべて免除してもらうことができます。

債務整理するとブラックリストに載るのでクレジットカードが使えなくなる

ブラックリストとは何か

債務整理をすると、「あらかじめ決められた条件での支払いができずに債務整理をした」という情報が、「信用情報機関」という機関に登録されます。

クレジットカード会社や銀行、消費者金融といったお金を貸す事業を行っている会社は、この信用情報機関に加盟していて、お金を貸す相手に返済能力があるかどうかを随時チェックしているのです。

債務整理したという情報が信用情報機関に登録されると、そこからクレジットカード会社にもその情報が伝わり、クレジットカードが利用停止になったり、新規でクレジットカードを申し込もうとしても審査に落ちてしまったりということになります。

このように、信用情報機関に債務整理の情報が登録されることでクレジットカードの利用・作成が制限されている状態が、いわゆる「ブラックリストに載る」という状態なのです。

クレジットカードはいつから使えなくなる?

どの債務整理を選んでも、弁護士に依頼して、「これから債務整理を始める」ということを知らせる「受任通知」という通知が送られた時点で、債務整理の対象としたクレジットカードは使えなくなります。

また、クレジットカード会社は定期的に信用情報を確認しているため、債務整理の対象になっていないクレジットカードも、更新などのタイミングで利用停止となります。

クレジットカードが使えなくなるのはいつまで?

信用情報機関に債務整理の情報が登録されてクレジットカードが使えなくなっても、永遠にその状態が続くわけではありません。

任意整理の場合は5年程度、個人再生・自己破産の場合は510年程度が経てば、信用情報機関が登録していた債務整理の情報は削除され、ブラックリスト解除となります。

そうなると、以前と同じようにクレジットカードを作ったり使ったりできるようになるのです。

ただし、ブラックリストが解除されても、本人に対する通知は来ません。

そのため、上記の期間が過ぎてからすぐにクレジットカードを作りたい場合は、信用情報機関に問い合わせて自分の信用情報がどうなっているかを確認する必要があります。

ブラックリスト後にクレジットカードを作るときは

まず、信用情報機関に問い合わせて、ブラックリストが確実に解除されていることを確認しましょう。

また、作成するクレジットカードを選ぶときは、債務整理の対象としたカード会社が発行しているカードは避けましょう。

カード会社は信用情報機関の情報とは別に、社内で債務整理の情報を保管しているため、一度債務整理の対象とした場合は二度とクレジットカードを発行してもらえないことが多いからです。

加えて、同時に複数のクレジットカードを申し込むのは控えましょう。

複数のクレジットカードを同時に申し込むと、「この人はよほどお金に困っているのかもしれない」とマイナスの信用情報を記録されてしまうことがあるため、審査に落ちやすくなってしまうのです。

クレジットカードが使えない間はどうする?

支払い方法をクレジットカード払いから他の方法に変更する

電気代・水道代・ガス代といった公共料金や、インターネットのプロバイダ料金・携帯電話代などの毎月の支払いにクレジットカードを利用している人は少なくないと思います。

その場合、債務整理をすると決めた時点で、支払い方法をクレジットカード払いから口座引き落としやコンビニ払いなどに変更しておきましょう。

また、クレジットカードの代わりとして使えるカードは主に3種類あります。

デビットカード

デビットカードとは、支払いを行った時点で引き落とし口座から代金が引き落とされるタイプのカードです。

VISAJCBといったブランドからも様々なデビットカードが発行されており、お店での支払いに加えてインターネット上での支払いにも利用できるなど、クレジットカードと変わらない感覚で使うことができます

ただし、クレジットカードとは異なり、分割払いやリボ払いはできません。決済方法は一回払いのみとなります。

プリペイドカード

プリペイドカードとは、事前にお金をチャージしておくことで、チャージされた範囲内で支払いを行うことができるタイプのカードです。

イオンなどで使えるWAONやセブンイレブンなどで使えるNANACOといった店舗ごとのカードに加えて、VISAJCBなどから発行されているものもあり、様々な用途に使うことができます。

また、インターネット上での支払いにはWebMoneyなどのコンビニで販売しているプリペイド式電子マネーも手軽に買えて便利です。

プリペイドカードの良いところは、あらかじめチャージされた金額しか使えないため、うっかり使いすぎることがない点であるといえるでしょう。

家族カード

家族カードとは、親カードを持っている人の口座から代金が引き落とされるタイプのカードで、れっきとしたクレジットカードです。

引き落とし口座が親カードの持ち主の口座であるということ以外は普通のクレジットカードと全く同じですので、使い過ぎには注意が必要です。

まとめ

本棚とペン
  • 債務整理では、クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の両方を扱える
  • 債務整理をするとブラックリストに載るため、クレジットカードが使えなくなる
  • ブラックリスト期間は、任意整理なら約5年、個人再生・自己破産なら約510
  • ブラックリスト後にクレジットカードを申し込むときは1枚ずつにする
  • クレジットカード払いの公共料金などは、債務整理をする前に支払い方法を変更する
  • デビットカードは一括払いのみだが、クレジットカードと同じ感覚で使える
  • プリペイドカードはお店やインターネット上での支払いに使え、コンビニで手軽に買える
  • 家族カードは親カードの口座から引き落とされるクレジットカードで、使い過ぎに注意

【岐阜】債務整理相談室では無料相談実施中!!

お電話での受付はこちら

0120-621-017

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は上記よりお電話・メールにて承っております。
メールの場合は24時間受け付けておりますので、【岐阜】債務整理相談室をお気軽にご利用ください。

受付時間
平日 :9~22時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業日もございます。また,大型連休中の休業や臨時休業もございますので,詳細は
心グループニュースをご覧ください。

カードの返済に困ったら

お金に困る男性

お電話での無料相談はこちら

0120-621-017
  • 受付時間
    平日:9~22時
    土日祝:9~18時

メールで無料相談は24時間受付

Menu

運営運営事務所

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

連絡先
0120-621-017
住所

〒500-8833
岐阜県岐阜市神田町9-4 KJビル4F

岐阜駅北口徒歩3分 名鉄岐阜駅徒歩2分