〒500-8833
岐阜県岐阜市神田町9-4 KJビル4F
岐阜駅北口徒歩3分 名鉄岐阜駅徒歩2分
運営:弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

受付時間
平日 :9~22時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝対応可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業日もございます。

●取り扱い業務:債務整理
        (任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

0120-621-017

メールは24時間対応

債務整理をするべき借金の金額はいくらから?

弁護士とパラリーガル

「自分の借金の金額で債務整理できるのか知りたい」
「借金額がいくらからなら債務整理していいの?」

借金の問題で悩んで債務整理について調べた時に、「借金額がいくらからなら債務整理できるのだろう」と考えたことはありませんか?

借金額があまり小さいのに債務整理をするのはよくないことなのではないか、借金額が大きすぎると債務整理できないのではないか、と心配になる人もいるでしょう。

ここでは、任意整理・個人再生・自己破産という3種類の債務整理について、借金いくらからいくらまでできるのかに加えて、選ぶときに押さえておきたい特徴などを簡単にまとめていきます。

「債務整理は借金額いくらから」という決まりはない

「債務整理をしていいのは借金いくらからだろう?」という疑問は多くの人が抱くことでしょう。しかし、実際には「債務整理は借金額いくらからいくらまでならできる」というようなきっちりとしたルールはありません。

債務整理は「返済が苦しい」と感じたら検討しよう

「借金額が100万円に満たないから債務整理できない」「借金額が3000万円を上回るから債務整理できない」といった決まりはないので、「借金の返済が苦しい」「滞納してしまった」というときに自由に債務整理を行うことができるのです。

ただ、債務整理にも任意整理・個人再生・自己破産といった種類があり、自分の返済能力によって選ぶべきものが変わってきます。

毎月の返済額に対して月収が多めなら任意整理や個人再生、少なめな場合やまったくない場合は自己破産を選択することになります。

それぞれの債務整理の特徴やデメリットを考えて選ぼう

債務整理では、個人再生のみ整理できる借金額に上限があるのですが、それ以外では金額による制限がないので、自分の状況に応じて最も適切な債務整理を選ぶことが大切です。

自分に最適な債務整理を選ぶためには、それぞれの債務整理の特徴やデメリットを正しく把握しておく必要があります。

任意整理は借金いくらからいくらまで?

任意整理で解決できる借金額には、いくらからいくらまでというきっちりとした決まりはありません。

目安としては、「返済するのがつらい」と自分が感じたときが、任意整理を検討するべきタイミングです。

任意整理を選ぶ目安は「5年で返済できる借金額」まで

任意整理は、弁護士や司法書士が会社側と直接交渉を行い、将来支払わなければならない利息を全額カットしてもらったうえで、元本の返済期間を60回払い(5年)などの長期に調整してもらうことを目的とした債務整理です。

任意整理では元本を減額してもらうことはできないため、元本を5年で返済できるだけの収入が必要です。

つまり、任意整理を検討するときは、まず自分の月収のうち借金の返済に充てることができる金額を計算し、その金額で元本を毎月返済していけるかどうかを確かめることが必須となるのです。

例えば、150万円の借金がある人の場合、5年で返済していくとすると、任意整理後の毎月の返済額は約2万5000円です。自分の月収の中から毎月2万5000円を返済に回しても大丈夫な人であれば、任意整理ができるというわけです。

保証人に迷惑がかからないというメリット

任意整理の最も大きなメリットは、整理する借金を自由に選べるという点です。

保証人付きの借金がある人の場合、個人再生や自己破産を選ぶとすべての借金を整理することになるため、保証人に迷惑がかかることになります。

具体的に言うと、保証人付きの借金を整理した場合、借金の残高が保証人に一括で請求されることになるのです。その結果として、保証人も債務整理をせざるを得ないという状況になりかねません。

しかし、任意整理なら保証人付きの借金を対象から外すことで、保証人に上記のような迷惑がかかるのを避けることができます。

また、任意整理のデメリットはいわゆる「ブラックリスト」に載るためクレジットカードが使えなくなるなどの制限を受けるということだけなので、債務整理の中では最も気軽にできるといえます。

任意整理で借金はどのくらい減らせる?

それでは、ここで100万円の借金がある人が任意整理をするとどのくらい借金を減らせるのかを見てみましょう。

借金額が100万円だと、一般的には毎月の返済額は約3万6000円、利息を含めた返済額の合計は約130万円になります。

任意整理をすると、利息の約30万円は全額カットとなり、元本の100万円を基本的には60回払いの分割で返済することになるので、毎月の返済額を約1万7000円まで抑えることができます。

つまり、任意整理ができるのは、「毎月3万6000円を支払うのは苦しいけれど、毎月1万7000円なら返済していける」という人だといえます。

逆に言うと、元本を60回払い程度で返済していくだけの収入がない人は、任意整理を選ぶことはできないのです。

個人再生は借金いくらからいくらまで?

個人再生には、借金額がいくらからいくらまでというはっきりした目安があります。

下限は100万円で、それ以下の借金は減額されません。上限は5000万円で、それを超える借金は個人再生自体ができません。

個人再生を選ぶ目安は「100万円以上5000万円以下の借金」

個人再生は、裁判所に申し立てて借金の元本を5分の1程度に減額してもらったうえで、減額された借金を3~5年かけて返済していく債務整理です。

個人再生は、債務整理の中で唯一、整理できる借金額に上限があり、5000万円以下の借金でなければ行うことができません。

また、個人再生では、返済しなければならない借金額として「最低弁済額」というものが決められており、100万円以下の借金は減額されません。

つまり、個人再生を行う目安は100万円を超えるけれども5000万円を超えない借金、ということになります。

個人再生では最低でも財産の価値分は返済しなければならない

さらに、個人再生には「清算価値保障の原則」というルールがあるため、個人再生をする本人が持っている財産をお金に替えた場合の金額分は最低でも返済しなければなりません。

120万円の車を持っている人は120万円以上を返済しなければならないし、1000万円の土地を持っている人は1000万円以上返さなければならないのです。

逆に言うと、特にめぼしい財産がない人で借金額が100万円を超える人は、任意整理をするよりも個人再生をしたほうが結果的に返済額を小さく抑えることができます。

個人再生で借金はどのくらい減らせる?

個人再生では、借金減額の基準となる目安が2つあります。

一つは最低弁済額の基準で、以下のように「最低でもこの金額は返済してください」という金額が借金額ごとに法律で定められています。

個人再生の最低弁済額

もう一つは上述の「清算価値保障の原則」というルールで、最低でも手持ちの財産をお金に替えたときの金額分は返済しなければならないという決まりになっています。

個人再生をするときは、これら2つの基準のうち高い方の金額を最低でも返済しなければなりません。例えば、借金額が500万円で150万円の車を持っている人は、150万円を返済することになります。一方、同じ500万円の借金を抱えている人でも、財産がなければ返済すべき金額は100万円となります。

自己破産は借金いくらからいくらまで?

自己破産には、借金額がいくらからでないとできないという決まりも、いくら以下の借金でなければできないという決まりもありません。

ただし、任意整理や個人再生といった他の方法で解決できる程度の借金額の場合、自己破産が認めてもらえません。

自己破産を選ぶ目安は「任意整理や個人再生では返済の見込みが立たない」とき

自己破産は、裁判所に申し立てて財産を処分するのと引き換えに借金の返済義務自体をすべて免除としてもらう強力な債務整理です。

借金がいくらあってもすべて0円にしてもらえる一方で、財産の処分という大きなデメリットがあるため、自己破産は任意整理や個人再生では借金の問題が解決できない場合に検討すべきであるといえます。

しかし、財産を処分されるとはいえ、自己破産をすると一文無しになってしまうというわけではありません。自己破産後も、99万円以下の現金・衣類・寝具・家具・家電など、生活に最低限必要なお金やモノは「自由財産」として手元に残すことができるのです。

自己破産は借金の返済義務自体が免除になる

任意整理や個人再生は、利息の免除や元本の減額をしてもらった後で、決められた期間内に返済する必要があります。つまり、返済できるだけの収入が望めない場合は選ぶことができないのです。

それに対して、借金の返済義務自体がなくなる自己破産では、収入が少なかったり全くなかったりする人でも選ぶことができます。

デメリットはあるものの、自己破産は人生の終わりではありません。むしろ、経済的にリセットして人生の再スタートを切るための手続きであるといえるので、借金の問題で本当に悩んだときにはうまく活用するのも一つの方法でしょう。

まとめ

本棚とペン
  • 債務整理には借金の金額による制限はないので、返済が苦しい時に自由にできる
  • 債務整理は3種類あるので、特徴やデメリットを踏まえて最適なものを選ぼう
  • 任意整理は借金減額効果が小さめだが、保証人に迷惑をかけずにできる
  • 個人再生は借金の元本を減額してもらえるが、手持ちの財産分は返済しなければならない

【岐阜】債務整理相談室では無料相談実施中!!

お電話での受付はこちら

0120-621-017

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は上記よりお電話・メールにて承っております。
メールの場合は24時間受け付けておりますので、【岐阜】債務整理相談室をお気軽にご利用ください。

受付時間
平日 :9~22時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業日もございます。また,大型連休中の休業や臨時休業もございますので,詳細は
心グループニュースをご覧ください。

カードの返済に困ったら

お金に困る男性

お電話での無料相談はこちら

0120-621-017
  • 受付時間
    平日:9~22時
    土日祝:9~18時

メールで無料相談は24時間受付

Menu

運営運営事務所

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

連絡先
0120-621-017
住所

〒500-8833
岐阜県岐阜市神田町9-4 KJビル4F

岐阜駅北口徒歩3分 名鉄岐阜駅徒歩2分