〒500-8833
岐阜県岐阜市神田町9-4 KJビル4F
岐阜駅北口徒歩3分 名鉄岐阜駅徒歩2分
運営:弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

受付時間
平日 :9~22時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝対応可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業日もございます。

●取り扱い業務:債務整理
        (任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

0120-621-017

メールは24時間対応

旦那に内緒で債務整理できる?旦那の仕事への影響は? 

弁護士とパラリーガル

「旦那に内緒で債務整理できるのか?」
「債務整理を旦那に内緒でする方法とは?」

「子育てのストレスからパチンコや競馬にハマった」
「たまたま付き合いで行ったホストクラブにハマった」

こうした理由で多額の借金を背負ってしまう主婦は、たくさんいます。

パートやアルバイトの収入では借金を返済できないケースもあるため、債務整理で解決しようとする方もいらっしゃいます。

また、「旦那に内緒で……」と希望される方も非常に多いです。

債務整理によってはバレにくいものもありますが、ケースバイケースと言わざるを得ません。

そこで今回は、妻の債務整理は旦那に内緒で行えるかどうかと、旦那の仕事への影響を説明します。

債務整理とは

債務整理とは国が作った借金問題を法的に解決するための制度です。

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産といった手続きがあります。

任意整理

任意整理とは、債権者(クレジットカード会社・消費者金融・銀行などの貸金業者)に任意の交渉に応じてもらうことで、将来的に発生する利息と遅延損害金をカットして、3年~5年の分割払いにしてもらえるよう和解する債務整理です。

任意整理のメリットとしては、毎月の借金返済の負担が下げられることと、債務整理する借金の対象を自由に選べる点などが挙げられます。

個人再生

個人再生とは、裁判所に申し立てすることで借金を1/5~1/10程度まで減額して、その残りを原則3年間で返済できれば完済扱いにしてもらえる債務整理です。

個人再生のメリットは、なんといっても借金自体が大幅に減額してもらえることと、「住宅ローン特則」と呼ばれる借金を減額してもらいながら、住宅ローンが残った持ち家を手元に残せるという制度が利用できる点でしょう。

自己破産

自己破産とは、破産と免責という2つの手続きを行う債務整理です。

「破産手続」とは債務者(自己破産などの債務整理を行う方)の財産を清算して、債権者に配当する手続きになります。

いっぽう、「免責手続」とは裁判所に借金が「支払い不能状態」と認められることで、借金の支払いがチャラになる手続きのことです。

つまり、自己破産とは「財産を失う代わりに、借金の支払いをチャラにしてもらえる手続き」といえます。

債務整理による家族への影響

債務整理する妻の方がよく気にされるのが、旦那や家族にどのような影響が及ぶかという点でしょう。

ブラックリストに載る

債務整理すると、信用情報に事故情報として登録され、5年~10年程度の期間は新たに借入できない状態になります。

これが俗に「ブラックリストに載る」と呼ばれる状態です。なお、

「信用情報」とはクレジットカード会社、消費者金融、銀行といった貸金業者と顧客の取引履歴や、債務整理の情報などが記録されたものになります。

貸金業者はローンやクレジットなどの審査時に、信用情報を参照してお金を貸してよい相手かどうかを判断しているのです。

ブラックリストに載ると、さまざまなデメリットが発生します。

カードやローンが利用できなくなる

ブラックリストに載ると、クレジットカードの利用や新規発行、住宅ローンや自動車ローンなどの利用ができなくなります。

したがって、毎日の買い物はすべて現金払いが基本になってくるでしょう。

スマホ新機種の分割購入などもできなくなるため、一括購入しかできません。

また、ブラックリストに載った本人名義でローンを組むこともできなくなりますので、5年~10年程度の期間は大きな買い物をするのが難しくなります。

ただし、ブラックリストの影響を受けるのは、債務整理した本人だけですので、家族や子どもといった第三者への直接的な影響はありません。

そのため、旦那のクレジットカードはそのまま使えますし、家族カード(クレジットカード契約者以外の家族が使えるサブカード)であればあなた自身が引き続き利用することも可能です。

さらに、ローンなども旦那名義で組むことは全く問題ありませんので、家族で大きな買い物をする場合には、旦那名義のローンを組むとよいでしょう。

しかし、これまで買い物がカード払い中心だった方が、いきなり現金主義になることで旦那からその理由を問われ、債務整理したことがバレる可能性はあるでしょう。

また、自分名義のカードを持っているのに、いきなり「家族カードがほしい」と言われることで怪しまれ、債務整理したことがバレることもあり得ますので注意が必要です。

ローンや奨学金の保証人になれなくなる

ブラックリストに載るとローンや奨学金の保証人になれなくなります。

したがって、子どもの奨学金に保証人が必要な場合は、旦那や親戚などにお願いするしかありません。

奨学金の保証人には旦那がなるケースが大半なのでそれほど問題はないでしょう。

しかし、旦那が住宅ローンなどを組む際には、妻が連帯保証人になるケースもあるため、それがきっかけでバレる可能性があるかもしれません。

あなた名義の財産が没収される可能性がある

債務整理すると、あなたが保有する財産が没収される可能性があります。

特に、家や車といった目立つ財産が自宅からなくなってしまうと、さすがに旦那や家族に債務整理したことを内緒にしておくのは厳しくなってくるでしょう。

任意整理と個人再生では債務整理しても財産が強制的に没収されることはないのですが、借金返済のために換金の必要が出てくる場合や、

  • 住宅ローンが残った自宅
  • 自動車ローンが残った車やバイク

などのように、借金返済ができなくなったときにローン会社などに没収されるものもあるのです。

通常、自動車ローンを組む際には、「所有権留保」と呼ばれる、ローンの支払いが終わるまで、車の所有権はディーラーや保険会社に残るという条項が設定されており、債務整理すると妻名義の車だったとしても、没収されてしまいます。

いっぽう、自己破産すると、妻名義の20万円以上の価値ある財産と99万円以上の現金は没収されます。

したがって、妻名義の銀行の預貯金なども没収される可能性がありますので、注意が必要です。

没収される財産の中で、家族への影響が最も大きいのが持ち家でしょう。

住宅ローンが残った持ち家は、債務整理すると没収されます。

そのため、妻名義で住宅ローンを組んだ持ち家は没収対象です。

ただし、任意整理であれば住宅ローンだけを除いて債務整理することが可能なため、持ち家を手元に残せる可能性があります。

また、個人再生で住宅ローン特則が利用できれば、持ち家を残すことができるでしょう。

あなた名義の保険は解約になる場合もある

積立型の生命保険や学資保険は、自己破産すると解約しなくてはいけない場合があります。

積立型の保険には、解約時や満了時に契約者に支払う「解約返戻金」というものがあるのですが、この金額が20万円以上になると自己破産では財産として扱われるのです。

そのため、解約返戻金が20万円以上の生命保険や学資保険は、自己破産すると解約する必要がでてきます。

ただし、裁判所に自由財産の拡張を認めてもらうことや、保険の契約者貸付制度を利用して解約返戻金を20万円以下に抑えることができれば解約する必要はありません。

なお、自由財産とは、自己破産しても所有が認められる財産のことです。

そして、自由財産でない財産についても裁判所が生活を立て直すために必要と認めれば、「自由財産の拡張」といって自由財産として所有を認めてくれる制度があります。

したがって、裁判所に生命保険や学資保険を自由財産にしてもらえるよう申立して認めてもらえれば、解約する必要はありません。

よって、保険の解約が原因で旦那に債務整理したことがバレるのを防ぎたい方は、

  • 自由財産の拡張を裁判所に申請
  • 保険の契約者貸付制度を利用

することでリスクを下げることができるでしょう。

また、任意整理や個人再生であれば、保険を解約する義務はないため、保険料の支払いが継続できて借金返済用の資金を捻出する必要がなければ、保険を解約する必要はありません。

旦那に内緒で債務整理することは可能なのか?

旦那に内緒で債務整理できるかどうかは、手続きを行う債務整理によって大きく異なります。

任意整理は旦那に内緒で実施しやすい

任意整理は裁判所を介さない債務整理なので、手続きが比較的シンプルで早く終わるというメリットがあります。

また、手続きを弁護士に依頼すれば、債権者とのやり取りをほとんど代行してもらえるため、あなた自身の負荷も非常に低くなる点がメリットです。

さらに、債権者から送られてくる手紙や電話連絡などもすべて弁護士事務所に行くように調整してもらえますので、旦那に内緒で任意整理することは、それほど難しくはないでしょう。

個人再生と自己破産を旦那に内緒で実施するのは困難

いっぽう、個人再生や自己破産は旦那に内緒で手続きを進めるのは非常に困難です。

なぜなら、個人再生と自己破産では、裁判所に申立をする際、あなた自身の収入状況だけでなく、旦那の収入状況も申告する義務があるからです。

また、そのときには旦那の給与明細や通帳などを提出する必要もあります。

したがって、これらの書類を旦那に内緒で集めるのは厳しいため、債務整理したことを隠し通すことが難しくなるのです。

ただし、旦那が単身赴任や別居している場合は、旦那に内緒で手続きができる可能性もありますので、弁護士に相談してみてください。

弁護士にお願いすると安心

任意整理、個人再生、自己破産といった債務整理の手続きは自分で行うことも可能です。

しかし、自分で手続きを行った場合には、債権者側からの手紙や連絡がすべて自宅に来るようになりますので、旦那に内緒で手続きを行うことが困難になります。

ただし、弁護士に手続きをお願いして、事前に旦那に内緒で債務整理したい旨を説明しておけば、できるだけバレないように調整してくれるでしょう。

よって、旦那に内緒で債務整理したい方は、必ず弁護士に手続きを依頼するようにしましょう。

妻の債務整理は夫の仕事に影響するのか

最後に、あなたが債務整理することで旦那の仕事にどんな影響が出るのか説明します。

債務整理による夫の仕事への影響

結論から言うと、妻が債務整理しても旦那の仕事には一切影響はありません。

なぜなら、債務整理においては、夫婦であっても別人格として扱われるからです。

したがって、ここまで紹介した債務整理のデメリットの影響を受けるのは、債務整理した本人だけなので旦那に直接的な影響はありませんし、仕事に影響することもありません。

官報の影響

個人再生や自己破産といった裁判所を介する債務整理をすると、「官報」と呼ばれる政府が発行する広報誌のようなものに、あなたの氏名や住所、債務整理した記録などが掲載されます。

そのため、旦那の会社の同僚などが官報を見て、あなたが債務整理したことを知る可能性もないとはいえません。

しかし、官報を一般の方が目にする機会は非常に少ないため、旦那の会社の同僚にあなたが債務整理したことがバレる可能性は極めて低いといえるでしょう。

まとめ

本棚とペン
  • 旦那に内緒で妻が債務整理することは可能
  • 任意整理であれば旦那に内緒で手続きを進めやすい
  • 個人再生と自己破産の場合は、一緒に生活する旦那に内緒で行うのは難しい
  • 弁護士に手続きを依頼することで、旦那に内緒にできる可能性が高くなる
  • 妻が債務整理しても旦那の仕事に影響することはない

【岐阜】債務整理相談室では無料相談実施中!!

お電話での受付はこちら

0120-621-017

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は上記よりお電話・メールにて承っております。
メールの場合は24時間受け付けておりますので、【岐阜】債務整理相談室をお気軽にご利用ください。

受付時間
平日 :9~22時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業日もございます。また,大型連休中の休業や臨時休業もございますので,詳細は
心グループニュースをご覧ください。

カードの返済に困ったら

お金に困る男性

お電話での無料相談はこちら

0120-621-017
  • 受付時間
    平日:9~22時
    土日祝:9~18時

メールで無料相談は24時間受付

Menu

運営運営事務所

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

連絡先
0120-621-017
住所

〒500-8833
岐阜県岐阜市神田町9-4 KJビル4F

岐阜駅北口徒歩3分 名鉄岐阜駅徒歩2分