〒500-8833
岐阜県岐阜市神田町9-4 KJビル4F
岐阜駅北口徒歩3分 名鉄岐阜駅徒歩2分
運営:弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

受付時間
平日 :9~22時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝対応可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業日もございます。

●取り扱い業務:債務整理
        (任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

0120-621-017

メールは24時間対応

「債務整理すると結婚できない」というのは誤解!

弁護士とパラリーガル

「債務整理したいけど結婚できないのは困る」
「債務整理と結婚って関係あるの?」

結婚を控えている人が借金の問題を抱えてしまった場合、「債務整理したら結婚できないのではないか」と心配して債務整理をためらってしまうことがあります。

しかし、債務整理すると結婚できない、というのは大きな誤解です。

債務整理が直接の原因となって結婚できなくなるケースはまれであり、むしろ債務整理をせずに返しきれない借金を放置してしまうほうが、問題が大きくなるリスクがあるのです。

この記事では、債務整理しても結婚に差し支えはないという根拠を様々な視点から説明していきます。

債務整理は結婚できない原因にならない

債務整理は借金を減らしたり無くしたりできるという強力なメリットがある反面、確かにデメリットもあります。

しかし、本当はデメリットでないことまで事実として広まってしまっている傾向があるのです。

債務整理すると結婚できないというのもその一つで、実際には債務整理中や債務整理後に結婚した人がたくさんいるのに、あたかも債務整理が原因で結婚できなくなるというような話が広まってしまっています。

債務整理しても戸籍や住民票には何も載らない

債務整理すると戸籍や住民票などの公的な書類に債務整理したという情報が載り、一生消えないという情報を目にしたことがある人もいるかもしれません。

しかし、実際には債務整理をしたという事実が戸籍や住民票に載ることは一切ありません。

つまり、戸籍や住民票から債務整理のことが相手にバレて結婚できない事態になるということは絶対にありえないのです。

官報には債務整理の情報が載る

債務整理のことが載る唯一の文書は、国の新聞としての役割を担っている「官報」という文書です。

債務整理の中でも個人再生や自己破産を選んだ場合は、裁判所を通す法的な手続きとなるため、官報にその旨が記載されるのです。

しかし、官報から婚約者に債務整理のことがバレるケースはかなりまれです。

なぜなら、銀行などの金融機関や市役所などの官庁、法律事務所などで働いている一部の人を除くと、官報を日常的に読んでいる人はほとんどいないからです。

むしろ、官報という単語すら聞いたことがないという人が大半でしょう。

このように、債務整理の情報が官報に記載されるからといって、心配しすぎる必要はまったくありません。

しかし、もしどうしても官報に載りたくないということであれば、裁判所を通さない私的な手続きとなる任意整理を選ぶのも一つの手段です。

債務整理がバレて結婚できないという可能性はあるのか?

戸籍や住民票からはバレないとしても、他のきっかけで債務整理がバレて結婚できないことになるのでは、と心配する人は少なくありません。

しかし、要点を押さえていれば婚約者に債務整理のことがバレる可能性はかなり低くできます。

滞納を放置すると督促で借金がバレる可能性がある

まず、借金の返済が滞っているのに債務整理をせず滞納したまま放置した場合、自宅に督促の郵便物が届いたり、スマホや携帯電話に督促の電話がかかってきたりして、それをきっかけとして相手に借金のことがバレてしまうおそれがあります。

しかし、弁護士や司法書士に依頼して債務整理を始めると、「受任通知」という通知が送られることで督促の郵便や電話を止めることができるのです。

受任通知とは、弁護士や司法書士が正式に債務整理の依頼を受けたということを会社側に伝えるための通知です。

この通知を受け取った後に督促や取り立てをしてはならないということが法律で定められています。

この点から、滞納を放置するほうが借金バレの危険は大きく、債務整理はむしろそれを防ぐ手段であるということがお分かりいただけるかと思います。

任意整理は相手にバレにくい

それでは、個々の債務整理について、債務整理がバレて結婚できない事態になる可能性があるかどうかを確認していきましょう。

まず、任意整理とは弁護士や司法書士に依頼して会社側と直接交渉してもらい、利息カットや返済期間延長を条件として和解することで、無理のない返済計画を立て直すための手続きです。

あなたが任意整理をしたとすると、借金や任意整理のことを知っているのはあなたと弁護士や司法書士、それに会社側ということになります。

このうち、会社側から債務整理のことが公にバレることはありません。

また、弁護士や司法書士は守秘義務があるほか、周りの人にバレないように細心の注意を払ってくれます。

例えば、電話をかけるときはあらかじめ時間帯を指定できる、郵便物を送る際は差出人名を法律事務所ではなく個人名にしてくれるといった具合です。

このように、任意整理を選んだ場合は、自分から人に話さない限り他の人に任意整理のことがバレる心配はありません。

したがって、任意整理したから結婚できないという事態にはなりません。

個人再生や自己破産は同棲しているとバレる

個人再生とは、裁判所に申し立てて借金を5分の1程度に減額してもらい、3~5年かけて返済していく債務整理です。

また、自己破産とは、裁判所に申し立てて財産を処分することで、借金の返済義務自体を免除してもらう債務整理です。

個人再生や自己破産を行うときは、同居している家族の収入がわかる書類(2カ月分の給与明細など)が必要となるため、婚約者と同棲している場合は債務整理のことを隠すのは難しいといえるでしょう。

また、上述のとおり、個人再生や自己破産をすると「官報」という文書に情報が記載されますが、そこから債務整理がバレて結婚できないというケースは極めてまれです。

後から債務整理がバレるより先に話を通したほうが吉

個人再生や自己破産をする必要があるときは、事前に借金や債務整理のことを相手に話しておいたほうが、後々トラブルになるのを避けられる可能性が高いです。

借金についての考え方は人それぞれですし、当事者同士が同意していても親が許してくれないなどの事情がある人もいます。

そこはケースバイケースになりますが、何より相手とよく相談しておくことが大切です。

債務整理後はクレジットカードやローンが使えない

債務整理後に債務整理のことがバレるきっかけとなりやすいのが、クレジットカードやローンが使えなくなるという制限です。

債務整理をすると、「信用情報機関」という機関に情報が登録され、クレジットカードやローンが利用できない、借金の保証人になれない、スマホなどを分割払いで買えない、賃貸契約のときに一部の保証会社が使えないといった制限を受けます。

いわゆる「ブラックリスト」というものです。

ブラックリスト状態になる期間は、任意整理なら約5年、個人再生や自己破産なら約5~10年で、この期間が過ぎると制限が解除されて元通りになります。

クレジットカードが使えないという制限については、クレジットカードと同じような感覚で使えるデビットカードやプリペイドカードを利用するという方法があります。

デビットカードは支払いをするとすぐに口座からお金が引き落とされるカードで、プリペイドカードはあらかじめチャージした金額の分だけ支払いができるカードです。

どちらもVISAやJCBといったブランドのものがあるので、使用感はクレジットカードに近くなっています。ただし、分割払いができないという点は覚えておいてください。

「債務整理のせいで結婚できない」という事態を防ぐために

ここまでは債務整理が相手にバレる可能性について説明してきましたが、ここからは債務整理について相手に話をするときのポイントをまとめていきます。

借金は結婚前に整理しよう

まず、借金があることを隠して結婚した場合、相手と不仲になったり、場合によっては離婚に発展したりする可能性があります。

借金の問題は結婚する前に片付けてしまうことが大切であり、債務整理はそのための手段になりうるということは覚えておいてください。

債務整理が安全である根拠を説明しよう

債務整理についてよく知らない人は、「借金問題を簡単に解決できるなんて危険な方法なのではないか」「債務整理すると大きなデメリットがあるのではないか」と考えてしまいがちです。

しかし、債務整理は法律で認められている正式な手続きであり、債務整理自体に危険はまったくありません。

債務整理は安全であるのだと丁寧に説明すれば、相手を必要以上に不安がらせずに済むことでしょう。

むしろ、上述のように借金の滞納を放置するほうが、裁判や差し押さえといった事態になりかねないため危険であるといえます。

既に結婚している人も債務整理を利用して大丈夫

最後に、既に結婚している人の債務整理について少しふれておきます。

既婚だからといって、債務整理のデメリットを恐れすぎる必要はありません。

債務整理をするうえで、夫や妻に直接影響が出るデメリットというのは少ないからです。

夫や妻に影響が出るデメリットというのは、夫や妻が保証人である場合に発生します。

保証人付きの借金が債務整理の対象となった場合、借金の残高が保証人に一括請求されることになります。

そのため、保証人も債務整理をしなければならないという事態になりうるのです。

しかし、夫や妻が保証人になっている借金がある場合は、任意整理を選んでその借金を対象から外せば、迷惑をかけずに他の借金を整理できます。

もし、経済的に任意整理だと厳しいという場合は、弁護士や司法書士も交えて事前によく相手と相談したうえで、最善の手段を考える必要があるでしょう。

まとめ

本棚とペン
  • 債務整理の情報が戸籍や住民票に載って相手にバレるという可能性はない
  • 個人再生や自己破産は官報に載るが、そこからバレるケースはかなりまれ
  • 任意整理は相手にバレる可能性がかなり低い
  • 個人再生や自己破産の場合、相手と同居していると隠すのが難しい
  • 債務整理後はクレジットカードやローンが使えないのでそこからバレる可能性はある
  • 借金問題は結婚前に解決し、相手にきちんと説明したほうがいい

【岐阜】債務整理相談室では無料相談実施中!!

お電話での受付はこちら

0120-621-017

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は上記よりお電話・メールにて承っております。
メールの場合は24時間受け付けておりますので、【岐阜】債務整理相談室をお気軽にご利用ください。

受付時間
平日 :9~22時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業日もございます。また,大型連休中の休業や臨時休業もございますので,詳細は
心グループニュースをご覧ください。

カードの返済に困ったら

お金に困る男性

お電話での無料相談はこちら

0120-621-017
  • 受付時間
    平日:9~22時
    土日祝:9~18時

メールで無料相談は24時間受付

Menu

運営運営事務所

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

弁護士法人心 岐阜駅法律事務所

連絡先
0120-621-017
住所

〒500-8833
岐阜県岐阜市神田町9-4 KJビル4F

岐阜駅北口徒歩3分 名鉄岐阜駅徒歩2分